筆者が選ぶ個人的嵐山の超穴場紅葉スポット2選!

言わずと知れた紅葉名所、嵐山。

ゆっくり見れないのは皆さんお分かりかと思いますが、どこへ行っても人が多すぎて写真どころですらない!

なんてことになりがち。てか、だいたいそう。

そんな嵐山ですが、紅葉のピークに、昼過ぎに行ってもそこまで混んでなくて、「これは朝一来たらワンチャンゆっくり見れるんちゃん??」となった、完全なる私の独断・穴場スポットを2ヶ所!紹介したいと思います。

宝筐院


まずはここ、宝筐院(ほうきょういん)。

清涼寺のすぐ隣にあるのですが、大通りというわけでもなく、入口もこじんまりしていて、他のお寺さんのように観光客がごった返しているわけでもない。

というわけで私も調べるまでぜんっぜん知らなかったのですが、行ってびっくり、色のコントラストが素晴らしい!!なんだここ!

それでいて始発で行ったわけでもないのに無人が撮れるステキさよ。

なんか、コスプレ?した方たちが撮影会みたいなのやってました。それができる程度には空いてるってことです!中のお堂?みたいなとこで休むこともできるので、家族で行くのもいいかもしれませんね♪

※三脚、中型以上のカメラの持ち込みは禁止です

拝観時間:9:00~16:00
   11月は16:30まで

拝観料:大人 500円
小中学生 200円
御朱印 300円

TEL:075-861-0610

所在地:京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂前南中院町9

祇王寺


続いてはここ、祇王寺!

まぁここは有名です。が、だいたいの観光客の方が手前の☞常寂光寺で止まってくれるので、そこまで混んでない印象を受けました。

以前の記事で「夏に来てほしい」と書いたんですが、それは苔の緑を見てほしかったから。

ですがここ、散紅葉も有名でして、もうほんとに、辺り一面真っ赤っかです。まじで。

平家物語の慈恋の尼寺として知られていて、歴史に想いを馳せるのもいいかもしれませんね。

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:大人 300円
小中高生 100円

TEL:075-861-3574

所在地:京都府京都市嵯峨鳥居本小坂町32

1本奥の道がおススメ


嵐山の大通り沿いにあるお寺さんはヒジョーーーに有名なところばかりで歩くことすらままならないことも多いですが、1本脇にそれただけで意外と空いているものです。

訪れる際はぜひ、少し奥まで探検してみてくださいね(^^♪

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。