京都散策~嵐山編~

日本の観光スポット編、今回は桜と紅葉の名所嵐山!

春夏秋冬いつ行っても楽しめて、見どころも満載です。

名探偵コナン「から紅の恋歌(ラブレター)」の舞台にもなってましたね!

観光気分で見てくだされば(・ω・)/

阪急嵐山駅からまわってます。

 

 まず目に入るのは“渡月橋”


雪降る渡月橋

嵐山の大堰川にかかる大きな橋・渡月橋。

渡月橋を境に上流を「保津川」、下流を「桂川」と呼ばれています。「保津川下り」が有名ですね。

渡月橋から

その名の由来は、鎌倉時代に亀山天皇が満月の晩に舟遊びをしていて、月が橋の上を渡るように見えたことから、「くまなき月の渡るに似る」と詠まれたところからだそう。

 

こだわりの手打ち蕎麦


渡月橋を渡り、左手に歩いてすぐのところにある名店「嵐山よしむら」

店内から渡月橋を眺めながら、石臼挽き国産そば粉を使用したお蕎麦が食べられます。

蕎麦そんな好きじゃなかった弟にあげたら「美味しい美味しい」って食べてました。笑

営業時間≫

オフシーズン:11時~17時
観光シーズン:10時半~17時

※花灯路期間中
平日:~19時半
土日:~20時

 

世界遺産“天龍寺”


曹源池庭園(そうげんちていえん)

後醍醐天皇の菩提を弔うために暦応2年(1339年)に創建された天龍寺。

写真は有名な庭園です。

人めっちゃ多いけど、紅葉の時期に行くのをおすすめします!

拝観時間≫

8時半 ~ 17時半
※10月21日から3月20日までは17時

 

拝観料≫

庭園(曹源池・百花苑)

高校生以上:500円
小・中学生:300円
未就学児 :無料

法堂「雲龍図」特別公開

一人500円(上記通常参拝料とは別)
※土日祝日のみ[春秋は毎日公開期間あり]

 

竹林の道


最も有名なのが、野宮神社から大河内山荘へと至る道です。

紅葉の時期だったかな、ライトアップもされていて、人力車に乗って通ることもできます。

おじいちゃんとおばあちゃんが乗ってんの見てすごい癒された思い出がある⋯(´ω`)

ちなみに人力車、渡月橋の近くとか街中とかにいるんですけど、お兄さんの話聞きながら回れるのでおもしろいです。嵐山の話とか、小ネタもしてくれました(笑)

 

常寂光寺


多宝塔

紅葉の名所、常寂光寺。日蓮宗の仏教寺院です。

小倉山の山腹に位置し、常寂光土に遊ぶような趣があるというところから名付けられたらしい。

階段登るんしんどいけど、木漏れ日が綺麗やからなんでもいい。笑

仁王門を入ったとこにある階段

浴衣とか着物で来てる人はしんどいかもしれんなぁ⋯(-ω-)

拝観時間≫
9時~17時(閉門)
(受付は16時30分まで)

拝観料≫ 500円

慈恋の尼寺“祇王寺”


平家物語「慈恋の尼寺」としてしられている祇王寺。

ここは夏に来てほしいかな!

祇王寺全体が緑色に包まれてめちゃくちゃ綺麗です。

拝観時間≫
9時~17時(受付終了午後4時30分)

拝観料≫
大人300円・小人(小中高)100円

 

ちょっとひとやすみ


竹林の道を抜けてすぐのところにある、こだわり卵専門店「たまごや」

卵かけごはん、ゆで卵、プリンを店先のベンチで食べられて、生卵も買えます。

え、なにこのひっそりある感じ。絶対美味いやつやんって思ってプリン買ってみたら大当たり。トロトロタイプじゃなくてしっかりタイプ。

ちょっと高いけど食べてみるべき(-ω-)b

所在地≫
京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町24-1

営業時間≫10時~17時

定休日≫水曜日

 

宝厳院


「獅子吼の庭」と呼ばれている庭園は紅葉の名所で、ライトアップの時期にはたくさんの人が訪れます。

私も行ったことがありますが、ライトアップ開始の時間に行くより、遅めに行った方が空いてます。

夏に訪れても、新緑が綺麗です。

拝観時間≫
9時~17時
17時半~20時半(受付終了20時15分)

拝観料≫
500円(ライトアップは別途600円)

 

帰りは嵐電「嵐山駅」


龍の愛宕池

嵐電・嵐山駅には、京友禅ポールが並んでいます。

光の灯るこのポール、その数なんと600本。幻想的な風景です。

有料ですが駅で足湯に入ることができ、1日の疲れを癒すことができます。

 

何度も行きたくなる場所


季節によって雰囲気も全然違うし、観光スポットも多い嵐山。

遠方から来る方は、ポイントを絞って回る方がいいかもしれません。

次回は京都洛中編にしようかな!

これからもよろしくお願いします(´-`).。oO

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。