ワーキングホリデー とは?-1-

「プロフィール」にちらっと書いたのですが、私はワーキングホリデー(通称ワーホリ)を利用してオーストラリアに来ています。ではそもそも、ワーキングホリデーとは何か。

周りの人たちに話しても、意外に知らない人が多かったので、ここで説明しようと思います。ざっくりした説明なので、もっと詳しく知りたい方はリンクも貼っていますのでそちらを見てもらえたらと思います。


ワーキングホリデーとは


 

ワーキングホリデー(Working Holiday)は18〜30歳の人が申請できる、ひと言で言うなら

遊んで、学べて、働けるビザ

です。これには定義がありますが小難しいので要約すると、“休暇を目的として入国・滞在し、そこで生活する為に学び、働くことができる”ということです。

滞在期間について

日本と協定を結ぶ☞17ヶ国(2017年度現在)に1年間、オーストラリアには農作業などの季節労働に3ヶ月以上従事すれば2年間滞在することができます。その他イギリスでは元々2年間滞在することが認められています。

 

語学学校について

語学学校には、オーストラリアでは4ヶ月、ニュージーランドでは6ヶ月というように、国によって通える期間が異なります。もちろん行かない人もいますし、逆にもっとちゃんと語学を勉強したい!という方は学生ビザを申請していった方がいいかもしれません。

 

労働について

こちらも、国によって色々と異なります。ちなみにオーストラリアでは同一雇用主の元で6ヶ月以上働いてはいけないという規定があります。他にも5ヶ月以下の労働期間では雇ってもらいにくい国もあります。詳しくは☞こちらを見た方がわかりやすいかも。

 

ここまででワーキングホリデーについてざっくりと伝わったでしょうか?次は私がオーストラリアに行くまでにかかった費用や保険、クレジットカードやビザの取得について書いていきたいと思います。☞ next

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。