フランスでパティスリー巡り!おすすめ6選 ※独断

こんだけ旅して放浪してますが、実はパティシエの卵だった私。(☞プロフィール)

フランスに来た目的は正直、パティスリーを巡ること!

それも日本にある店の本店、とかではなく、日本未上陸のとこに行ってみたいとずーっと思っていたのです。

というわけで今回は日本未上陸(2019年春時点)に絞って10店舗巡ってきたので、その中から美味しかった所を完全なる私の主観で紹介していこうと思います。

Blé sucré


まず1番おススメの店から!

こちらのお店、こじんまりしたお店なのですが、パリNo.1のマドレーヌだと有名なんです。噂どおり、外はサクサク中はしっとりでパクパクいけちゃうようなおいっしいマドレーヌ。

そしてこちらのモンブラン、底にパフ?の入ったチョコに生クリームとモンブランクリームといういたってシンプルな構成ながらとても濃厚、ですがくどくなく、砂糖甘いのが苦手な私としても非常に食べやすかったです。

地元の人にも人気で、でも観光客はそんなにいなかったのでぜひ一度行ってみてください!

 

SUCRÉ CACAO


ここは辻製菓時代の担任におススメを聞いた時に一番に名前があがったお店。そして辻調グループはフランスにも校舎があるのですが、そこの卒業生の方が働いてらっしゃり、お話も聞けました(=゚ω゚)ノ

ここも地域密着型のパティスリーで、価格がそんなに高くありません。

見た感じでは、シュークリームとエクレアが美味しそうで、エクレア食べたらやっぱり大当たり!人気商品で、まとめ買いしていくお客さんも多いそうです。

 

Yann Couvreur


市内中心地に百貨店があってそこにも店舗があるのですが、本店はこちら。

ケーキの見た目は可愛いというよりも綺麗でオシャレな、大人向けの印象。焼き菓子やパンの種類も豊富で、男性も多く来店していました。

これはヘーゼルナッツのケーキ。中にはメレンゲが2つとヘーゼルナッツのソース、そして外側はチョコとナッツ系のソースの2層。塩の効いたパーツが入っていてそれがアクセントになっていて私は好きでした。

 

Jacques Genin


こちらはショコラトリー。パリ市内に3店舗あるんだったかな?

ケーキセットを頼むとチョコがついてきます。

ケーキはサントノレ。卵の香りが強くパイ生地もサックサク。バニラも聞いていてすごく美味しかった印象。そしてオレンジジュースは絞りたてが頂けます。

こんな感じで詰め合わせも売ってるので、お土産にもおすすめです♪

 

Mori Yoshida


私が帰国して間もなく、東京に出店してたお店(笑)

名前でわかると思いますが日本人シェフで、従業員にもとても厳しいんだそう。ですがその分美味しく美しいケーキを提供できるのかなとも思います。

写真中央にあるMというケーキがおすすめということで頂きました。プラリネとチョコレートのムースにマンダリンのジュレが入っていて、重くなくスッキリ食べられました。

 

Un Dimanche à Paris


ここにはフランス人男性と結婚した女性が働いてらっしゃり、また4ヶ国語ぺラぺラの女の子も働いていて、旅行者に非常に優しいです。笑

こちらはマンゴーチーズムース?の中にジュレが入っていて、土台はサブレ。後ろのホットチョコレートは世界一美味しいとアメリカで言われたものらしく、「味見してみる??」っていただきました( ;∀;)

確かに美味しい、そして甘ーいわけではないので飲みやすいです。

 

自分好みのお店を見つけよう


以上、6店舗でした。

10店舗巡りましたが、やっぱり合う合わないがあったりします。

私は重すぎるものや砂糖甘いのが苦手なので、そーゆうのが好きな方には今回紹介したお店は合わないかもしれません。

ですがこれらのお店は観光客というよりは地元民に人気だといろんなところで言われたので、試してみて損は無いはず。

美食の街・パリで自分に合ったお店を探してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。