メルボルンでカフェ巡り-2-

さて今回はオーストラリアのコーヒーの種類についてです。

わかりませんよね正直!(私だけじゃない..はず)

わかる方すっとばしていただいて大丈夫です。笑

日本と違ってたくさんの種類があるオーストラリア。では一体どんなものがあるのか?「イメージと違う!」なんてことにならないようにしっかり理解していきましょう。

ざっくりとした説明なので詳しくは他のサイトをご覧ください。

ちなみに最後のIced Coffeeは要注意です。

 

Short Black / Espresso


濃いブラックコーヒーのこと。

 

Long Black


エスプレッソにお湯を入れて薄めたもの。これでも相当濃いらしい。

 

Macchiato


マキアート。エスプレッソにごく少量のミルクを注いだもの。苦い。

 

Flat White


ミルク入りのコーヒー。ラテに似ているが、ラテよりもミルクの泡のキメが粗く、コーヒーの風味を強く感じる。

 

Cafe Latte


Flat Whiteよりも泡がきめ細かく、層が厚い。苦味が少なく飲みやすい。

Caffe latte

Cappuccino


カプチーノ。ラテよりも更にきめ細かくマイルドな口当たり。チョコレートパウダーがかかっていることが多い。

 

Cafe Mocha/Mochaccino


ココアと半々になったミルクコーヒー。Mochaccinoはミルクが泡立ててある。

Cafe Mocha

 

Vienna Coffee


ウインナーコーヒーのこと。生クリームを浮かせたコーヒー。

 

Chai Latte


ミルクティー”チャイ”をベースにスチームミルクを注ぎ、シナモンパウダーをまぶしたもの。

 

Iced Coffee


エスプレッソにミルクを注ぎ、上にアイスとクリームをのせたもの。コーヒーフロートに近い。なので、激甘。普通のが飲みたい時は、アイスとクリーム抜きで、って言うといいかも。

 

ざっくりでしたが、おわかりいただけましたか?

アイスコーヒーを頼んだはずなのになにコレ…!なんてことにならないようにお気をつけください。笑

日本と似ているものもあれば全く違うものもあるオーストラリアのコーヒー。みなさんぜひ、自分の好みのものを選んで注文してみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。