ウミガメ遭遇率90%♡メトル島

やってきましたニューカレドニア!

日本ではハネムーンで有名な国ですがもちろん1人ですよー!

入国からホテルまで、何回「え?1人?1人で来たの?」って反応されたかわからん(笑)

オーストラリアやニュージーランドでちょっとしたバカンスで行ける場所として人気の場所⋯やのにw

ここに来たのは海を満喫する為!

 

メトル島への行き方


タクシーボート

メトル島へはアンスヴァタビーチからam8:00からタクシーボートが出ています。メトル島より近い、カナール島へも同じです。

ここでひとつ注意点が⋯

メトル島へは、乗船者が2人以上いないと乗せてくれません

はい、私はひとりです。

結果フランス人の夫婦が来てくれるまで、30分待ちました⋯夫婦と仲良くなれたからいいけど(笑)

 

透き通った海!!


そんなこんなで10分もしないうちに、有名な水上コテージが見えてきます。ひゃーー綺麗!!

そしてメトル島は国内で唯一、マリンスポーツができちゃう島なんです。

桟橋を渡って左へ進むと、「AQUAZUR」というマリンアクティビティセンターがあります。

バナナボートやマリンジェット、カヌーにシュノーケル⋯土日はダイビングもできますよ♪

 

ウミガメ遭遇率90%♡


そしてそしてこの島はウミガメが住みついていて、その遭遇率は90%以上!!

私はシュノーケリングしてたら2匹に遭遇し、しばらく一緒に泳いでたらなんと!5匹が1ヶ所に集まっているところに遭遇!

これにはまじでびっくり、写真におさめることはできなかったけど、水中で叫んでしまった(笑)

AQUAZURからコテージの方向へ、島の先端あたりでよく会えるらしいですよ♪

 

あとがき


 

ホテルやAQUAZURには日本人のスタッフさんもいて、飲食店では日本語のメニューまで⋯全く不便を感じず、天気にも恵まれていい写真がいっぱい撮れた⋯

そんな私は忘れていました。

日焼け止めも塗らずに、水着1枚で、3時間も泳いでいたことを。

念願のウミガメとの夢みたいな出会いの代償は、

やけどレベルの日焼けによる激痛

寝れん。動けん。荷物持てん。

⋯日焼け止めはちゃんと塗りましょう。

あーーいつ治んのこれーー

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。