【緑と⋯白!?の段々畑】モライ遺跡とサリネラを訪ねる

クスコ滞在最終日。

初日に☞街歩きもガッツリするし、2日目に☞レインボーマウンテン行くし、3日目まるまる空いてんねんなー、でも夜に飛行機乗るから夕方までどーしよっかな⋯と思いながら街をブラブラしていたら、目に飛び込んできたのです。

白い段々畑が。

「えっ!!」と思い、現地のツアー会社を訪ねまくり(笑)

夕方に帰ってこれるプランを見つけて、即決定!

そんなわけで行ってきました、2色の段々畑に。

まずはチンチェーロへ


遺跡へ行く前にまず、昔ながらの染色をやっている場所へ。

昔ながらの方法で、自然界に存在するものを使って糸を染め上げていきます。

デモンストレーションを見た後はお土産タイム。こうして作られた糸で、全て手作業で作られたものが並んでいます。

そして可愛い

お次はモライ遺跡へ


次に到着したのは、モライ遺跡。

かなり深い段々畑で、当時ここはジャガイモ・トウモロコシ・カボチャなどの農業試験場だったと考えられています。

また、敷地内に段々畑は複数あり、そのどれもが巨大です。そしてここには山からの水が流れ込むように作られていて、なおかつ排水溝も設けられていて、大雨でも冠水することはなかったらしい(スゲェ)

段差に見える小さなつぶつぶは階段

最後はお待ちかね、サリネラ!


さて最後にやっっと、私が来たかった白い段々畑・サリネラに向かいます!

山道を進んでいると、突然、ハチの巣みたいなのが見えてきます。

広大すぎね?

バスを降りたらまず、お土産屋さんが並んでて。塩とかチョコとかいろいろ買えます。そこを抜けると

ひゃーー綺麗!!

ここが何かというと、塩田

だから白いのですが、なぜこんなところに塩田が?

というのもはるか昔、この地(標高3,200m)も海水に浸っていたため、当時の塩分が深い山奥に残っているのか、この付近では非常に塩分の高い水が湧き出ているらしい。

そしてこの地は海から遠い。何とかして塩を得ることができないかと、プレインカの時代の人々が知恵を絞った結果、この塩田が生まれたらしい。

水を天日干しにして蒸発させる。すると1ヶ月で約10cmほどの塩を採ることができるんだとか。

右下:塩を運ぶおじさん

今でもそーやって作ってるから驚きですよねぇ。

ちなみに今回のツアー、英語ガイドって聞いてたけどほぼスペイン語しか喋れんくて、英語は覚えてきてることのみ(笑)

やから言い方難しくてわからんかったところは、ツアーで仲良くなった人に教えてもらったり後で調べたり。な感じでしたが友達もできたし結果オーライ!なのでした。

クスコの絶景をぜひ!


そんなこんなで夕方にクスコに戻ったあと、猛ダッシュで空港へ(笑)

行き方は☞次回ご紹介します。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。