《ロンドン市内を観光!》おすすめスポット7選

ふらりとやってきたのは、ロンドン。

世界一周中、☞チリ⇒ボリビア旅で出会って仲良くなった人がロンドンに住んでいて、「ぜひ来てね!来たら泊めるから連絡してね!」と言ってくれたので、急遽予定を変更し、会うためだけに来てしまった(笑)

というわけでノープラン。行きたいところも無し。うーーーんどうしよう。

その友人と彼女は仕事で、PiTaPa的なのを貸してくれたので、それで行ける範囲で回ってみようじゃないか!ってなわけでぶらり観光行ってみよー!

1.ビッグベン


ロンドンのシンボルと言えば!ビッグベンは見とかなあかんよね~

名探偵コ○ンの某映画にも登場し、いつか見れたらな~ぐらいで訪れたのです、が!

なんと2017年から約4年間の改修工事を行っており、私が行った2019年は足場に覆われてほぼ見れず(;O;)

むしろ貴重?な足場でガチガチの外観を拝んでまいりましたとさ(泣)

2.キングス・クロス駅


ロンドンで1番大きな駅。

それだけではなく「ハリーポッター」でホグワーツ特急の始発駅として登場することで有名で、上の写真の隣の建物(駅)の中に、映画のシーンを再現した9と3/4番線があります。

スタッフさんが写真撮影の為に小道具(マフラーとか)も貸してくれるので、ハリーポッターのファンの皆さんには必見のスポットです。

3.ベイカーストリート


先ほども紹介したコ○ンの某映画のタイトルにもなっていて、そしてなによりシャーロックホームズでもその名が登場します。

そしてアーサー・コナン・ドイルの小説に出てきた住所221B ベイカーストリートには1990年からシャーロックホームズ博物館があり、世界中のファンが連日列をつくっています。

地上階のショップでチケットを購入してから列に並んでくださいね。

《営業時間》
9:30~18:00 ㉁12月25日

《料金》
大人£15 / 16歳未満£10

4.グリニッジ天文台


ロンドン郊外、グリニッジ地区に存在する天文台で、現在は観測機器は無く史跡として維持されているもの。

1851年に台長エアリーが子午環(当時の子午線 / 経度0°)を設置した場所で、世界の時刻の基準を担っていました。

エアリーの子午環

現在の本初子午線はこれから東へ、角度5.301秒・距離102.478mの位置へ移動しています。

《営業時間》
10:00~17:00 ㉁12月24~26日

《料金》
大人£23.65 / 24~16歳£15.85 / 15~4歳£11.85

5.大英博物館


イギリスが世界に誇る最大級の博物館で、歴史好きにはたまらないエジプトやギリシャなど、世界中の貴重なコレクションがなんと、無料で展示されています。

丸1日かけてもすべて見るのは難しいほど多数のものが展示されていますが、カフェやレストラン、お土産なども充実しているのでぜひ一度訪れてみてください。

《営業時間》
10:00~17:30

6.バッキンガム宮殿


エリザベス女王のご自宅で、イギリス王室が世界中の賓客をもてなす迎賓館です。

11時半から約40分間にわたって行われる衛兵交代式は必見!衛兵たちの行進と軍楽隊の演奏は圧巻の一言です。

7.赤い電話ボックス


ロンドンを象徴するのが、この赤い電話ボックス。

携帯電話が普及した影響で絶滅の危機に瀕しているらしいけど、多くの観光客に人気のこの電話ボックスを守ろうという動きも出てきているらしい。

ロンドンがロンドンらしくあるために、人々によって支えられている電話ボックスをぜひ写真におさめてほしいと思います。

他にもたくさん!


これらの他にもロンドンアイやシェイクスピアのグローブ座など、まだまだロンドンには魅力的な観光名所がたくさんありますが、私の好みで勝手におススメ7選、選ばせていただきました。

ロンドンへ行く際は参考になさってください♪

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。